新宿五丁目南僑日本店舗ビル

Shinjuku 5chome NamChow-Nihon Building

 

所在地:東京都新宿区新宿五丁目
建築主:南僑日本株式会社
用途:飲食店・宿泊施設
敷地面積:226.19m2
延床:1499.40m2
竣工:2019.12

本建物は、東京・新宿の靖国通りに面した新宿五丁目の大きな交差点に計画された「高級レストランとホテル」の複合ビルである。
事業主は台湾の大手企業「南僑グループ」の日本子会社「南僑日本株式会社」で、台湾や中国本土で有名な高級中華レストラン「點水樓」の日本初進出の本店ビルである。
外観デザインは、低層のレストラン部分は御影石張りの重厚なデザインとし、高層部のホテル部分はガラスカーテンウォールを主体としたモダンなデザインとした。
又、その中間階には外周部に屋上庭園を設け、建物規模は小さいながらも個性的で高級感のあるシンボリックな外観ファサードとした。
インテリアは五つ星レストラン「點水樓」の店内は中国本土の古来伝統的な落ち着きと気品と高級感のあるデザインとし、高層部のホテル部分のインテリアには希少性の高い大理石をふんだんに使うと共に、中国古来のデザイン要素を取り入れ気品溢れる雰囲気を創り出した。

同種実績

最新物件